エアコンの分解洗浄

エアコンの冷房や暖房がなかなか効いてるような気がしない、エアコンから送られている空気がなんだか臭うような気がする、と感じられたことはありませんか?

それはエアコンの内部が汚れていて、ホコリが詰まっている可能性があります。

市販で売られているエアコン洗浄剤で自分である程度クリーニングをしたり、フィルターを洗うなどのケアはできますが、それはあくまでも表面的なこと。一時的にはエアコンが以前より効いているような感触があったり、エアコンからの送風が爽やかになったような気もしますが、使用している間にまたすぐに元にもどってしまいます。エアコンは夏も冬も長期間使用するので、気になりながらも、一度手入れをしたらついそのままになってしまいます。エアコンの内部は非常に精密に作られていて、かなり奥まで部品が複雑に入り込んでおり、素人の手になかなか負えるものではありません。

エアコンの中に入り込むのはホコリだけではなく、花粉が入り込んだりカビが繁殖している場合が多く、それが悪臭の原因になっています。カビがエアコンの空気と共に送られていると、カビの菌が部屋中に拡散されて免疫力のあまりない赤ちゃんやお年寄りにはたいへん悪影響を及ぼしますし、アレルギーのある人も症状が重くなってしまいます。吹き出し口をのぞいて、黒い点々があるとカビが繁殖している可能性が大で、危険な状態といえるでしょう。

エアコンを使用している時間は部屋の換気もあまり行わないので、なおさら汚れた空気が部屋の中に充満してしまいます。エアコンをこの状態で使っていると家族の体調も悪くさせるだけではなく、ホコリを詰まらせたまま無理に使用しているので消費電力も悪くなり良いことは何もありません。

エアコンクリーニングをプロにお任せすると、そういったエアコンの内部にまで入り込んだホコリやカビを徹底的に洗浄してくれるので安心してエアコンを使用することができます。

まず部品を一つひとつ丁寧に分解し、汚れが飛び散らないようにエアコンの周りを大きなポリ袋で囲います。高圧洗浄機でエアコンの奥や細部まで水による洗浄を徹底的に行うと、びっくりするほど真っ黒い水が出てきます。この中にはホコリやカビ、花粉なども入り込んでおりこんなにエアコンの内部は汚れているのかと、自分の目で確認することで改めて知ることになるでしょう。機械部分は防水処理もしてくれるので、機械が水に濡れて壊れてしまうことはありません。丁寧に養生してくれるので安心で、終わった後もきちんと処理をしてくれます。クリーニングの後は乾燥した後に試運転をして、きちんと動くか確かめます。オプションで抗菌性能のある防カビ処理を施してもらえば、綺麗なままのエアコンを長時間保つ事ができ、エアコンをカビから防ぐことができるでしょう。

ここまでのエアコンクリーニングは、さすがに家庭では行えません。プロの手でエアコン内の汚れを徹底的に取り除いてもらう事で、多くのメリットがあります。

まずエアコンクリーニングの後でエアコンをかけると、今までのいやな臭いがまったくなくなり、爽やかな空気が送られてくるのが直接感じられること。汚れたままのエアコンの空気とは大違いですし、あれだけの汚れを落としてもらったという大きな安心感も得るにちがいありません。

きれいな空気の中で生活していると身体の健康に良いだけでなく、気分的にも明るくなってきます。赤ちゃんやお年寄り、アレルギーやぜんそくを持った人、病気のある人が家族にいても、安心してエアコンをかけたままの状態でいられるのは嬉しいことです。

またエアコンクリーニングの後では、空気が速く送られるようになるのも感じられます。ホコリが詰まったままのエアコンは機械に大きな負担を掛けているので、長時間かけていても冷房や暖房が効きにくいとか、なかなか部屋が冷えない・暖まらないという事になりがちです。消費電力も無駄に掛けていたことになるので、そういった問題も解決されるでしょう。

エアコン本体だけではなく、この機会に室外機も一緒にクリーニングをしてもらうのもいいかもしれません。室外機のホースに目詰まりがあったりすると、エアコン本体には問題がなくても故障の原因になったり、送風が弱くなったり消費電力の増加に繋がったりします。多くの人がエアコンクリーニングと一緒に室外機のクリーニングも行っているようです。

また定期的にエアコンクリーニングを行うことで、エアコンのコンディションが良い状態を保ち、故障の原因もいくつか防ぐことができます。

通常のエアコンクリーニングだけではなく、天井型エアコンや掃除機能付きエアコンのエアコンクリーニングもプロには可能です。特に掃除機能付きエアコンのエアコンクリーニングは専門技術が必要なので、家庭では行うことができません。自動洗浄するフィルターが付いていても、内部にはカビが付く場合が多いので、パーツを分解し、奥まで洗浄することが必要です。

Before
清掃前
After
清掃後

ギャラリー

コメント

エアコンの料金表へ